2012.10.03 きのこ同好会

  きのこ同好会の採集会に参加、この辺では秋のきのこの発生が遅れていますが、大勢で探せば結構採れるものです。 一番多かったのはナラタケ、他にハナイグチ、キノボリイグチ、ショウゲンジなど。また、きれいなアンズタケや、珍しい傘の直径20cmの巨大なオオモミタケも採れて半日を楽しく過ごしました。

 オオモミタケは、地下深くから樅の木の根元に出ていて一番下までは掘りきれませんでしたが、柄を薄切りにしてバター焼きにし、アンズタケはベーコンと炒めて味と薫りを楽しみました。
小さな旅の宿 Countryinn Zéphyr・・・・・・・信州歳時記(神無月)
きのこ狩りの収穫
オオモミタケ味の良く出るナラタケドクヤマドリは有名なイグチ科の毒きのこ

[PR]
by c-inn | 2012-10-03 07:55 | 田舎暮らし
<< 2012.10.24 寒い朝 2012.09.24 山女魚釣... >>