2012.02.07 諏訪湖の御神渡り

  立春の日、諏訪湖の氷がせり上がる御神渡り(おみわたり)が4年ぶりに現れたので見に行きました。全面結氷した諏訪湖の氷に亀裂が走り、ゆるんだり凍ったりを繰り返すうちに湖を横切る亀裂に沿って氷がせり上がり、神の通り道ができる珍しい現象です。

 諏訪大社上社の男神が下社の女神のもとに向かった跡と言われていて、-10℃以下の日が10日ほど続かないと現れません。今年のは小規模で、氷の高さは10cm程、氷の筋は数本でした。御神渡りを記録している八剣神社が出現を確認し、過去の記録と照合して、農業の吉凶や世相を占います。
小さな旅の宿 Countryinn Zéphyr・・・・・・・信州歳時記(如月)
御神渡り
2003年 2006年の1 2006年の2

[PR]
by c-inn | 2012-02-07 09:29 | 田舎暮らし
<< 2012.02.17 雪しんしん 2012.01.30 冬の山小... >>