2011.07.09  名古屋にて

  インターネットの勉強会で名古屋へ。50年も前に社会人1年生で勤務した町は、大きなビルが建ち並んで昔の面影はありません。浦島太郎の「帰りてみれば こはいかに!」のようなものでしょうか。暑さだけは昔のまま、熱い煮込みうどんを食べて勤務先のあった広小路通りを歩いてみると、小さなカメラ屋や金物屋、飲み屋が残っていました。勉強会では世の中の進歩を感ました。

 とんぼ返りした霧ヶ峰高原は空気の乾いた避暑地、夏の花がいっぱい咲いて涼しくさわやかです。
小さな旅の宿 Countryinn Zéphyr・・・・・・・信州歳時記(文月)
酷暑の名古屋/涼しい高原
名古屋・・昔の勤務先辺り キバナノヤマオダマキ ウツボグサ

[PR]
by c-inn | 2011-07-09 16:16 | 田舎暮らし
<< お客さまの声 「特別の日」 2011.06.26  オオヤ... >>