2011.04.14  早春・修那羅峠

  高原はまだ枯れ野原ですが、買い物がてら梅やイヌノフグリの咲き出した上田市郊外に出かけてみました。里では春の陽射しが柔らかく感じられます。

 ちょっと足をのばして、R143を西に走って青木村に入り、筑北村との境界になる修那羅峠(914m)へ、小さな駐車場から安宮神社への参道が始まる。時にはかなり急な坂道を15分ほど登ると安宮神社、老人が枯葉を掃いていました。野鳥のさえずりと風の音がするだけの神社の裏山では、千手観音、不動明王、農神など860体もの素朴な石仏が待っていました。
小さな旅の宿 Countryinn Zéphyr・・・・・・・信州歳時記(卯月)
修那羅峠の石仏
修那羅峠 石仏 石仏の道

[PR]
by c-inn | 2011-04-14 16:24 | 田舎暮らし
<< 2011.04.25  あちこちの春 2011.03.28  3月が... >>