2011.01.17  寒さ続き

  年末からずっと寒い日が続いて、氷点下15度になる朝も多く、乾いた新雪が積もってスキーにはとてもいい状況です。夜中に大きな結晶の軽い雪が降った13日の朝は、唐松の枝に残っている雪が朝日に輝いて、初めて見るような見事な眺めでした。通常なら雪の結晶が細かいので、木の枝の雪は直ぐに落ちてしまうのです。

 -10℃以下の朝が続くと、使っていない客室が凍結します。給水管、給湯管、トイレの便器などうっかり凍らせると解凍にとても手が掛かり大変です。
小さな旅の宿 Countryinn Zéphyr・・・・・・・信州歳時記(厳冬)
高原は氷点下15度の冷え込み
庭の白樺も雪の中 白雲流れる蓼科山 雪に覆われたアプローチ

[PR]
by c-inn | 2011-01-17 16:33 | 田舎暮らし
<< 2011.01.28  冬の山岳眺望 お客さまの声  「館内が大変綺... >>