2011.01.07  坂部の冬祭り

  長野県の南端、天龍村へ行って来ました。坂部(さかんべ)の冬祭りは、1月4日から5日にかけて諏訪神社で行われる国重要無形文化財の「眠い、煙い、寒い」祭りです。

 遠山谷の霜月祭や三河の花祭りとともに湯立ての神事(祭場を浄めて神様の降臨を願い、湯を捧げ舞って新たな魂を願い、仮面をつけ神に扮して魂を授け、感謝して神を送る)が行われます。村人は4日朝天竜川で身を浄め、夜6時のお練りに始まる祭りは、延々と舞いや湯立てが続き、翌朝5時過ぎから鬼が登場して盛り上がります。神々が送られて、静かに祭りが終わるのは昼頃になりました。
小さな旅の宿 Countryinn Zéphyr・・・・・・・信州歳時記(睦月)
天龍村・坂部の冬祭り
湯立ての神事が始まった 子供達の「花の舞」が2時間続く 湯の周りで鬼神が激しく舞う

[PR]
by c-inn | 2011-01-07 16:34 | 田舎暮らし
<< お客さまの声  「館内が大変綺... 2011.01.01  あけま... >>