2010.07.25 南アルプスへ

  梅雨明け10日の晴天を利用して南アルプス南部の稜線を歩いてきました。飯田市南信濃から日本のチロルと呼ばれる下栗の里を抜けて、遠山川の易老渡に入り、易老岳へ4時間余の急登、稜線を北上して希望峰、仁田岳、茶臼岳へ、茶臼小屋泊。

 2日目は上河内岳(2803m)、南岳、聖平から西沢渡までの長い下りを経て易老渡まで。花のきれいな時期なのに、羊歯・バイケイソウ・鳥兜の緑一色、ここでも鹿の食害がひどくなっています。富士山、聖岳・赤石岳など3000m峰の眺望が素晴らしい山旅でした。
小さな旅の宿 Countryinn Zéphyr・・・・・・・信州歳時記(盛夏)
南アルプス
ハイマツが美しい仁田岳山頂 茶臼岳山頂にて 見られた花はタカネバラなど極く僅か

[PR]
by c-inn | 2010-07-25 16:18 | 田舎暮らし
<< お客さまの声 「絵を描いてみ... 2010.07.21 岐阜で卓球大会 >>