2010.02.04  諏訪大社御柱祭(6)上社里曳き

  約1ヶ月の間、御柱屋敷に安置されていた8本の御柱は、初日に引き出され前宮に向かいます。2日目は前宮の建御柱(たておんばしら)、3日目は本宮の建御柱です。

 木遣りの響く中、本宮まで2.5km程、高島藩の騎馬行列や長持ち行列、和太鼓などでにぎわう見物人あふれる御柱街道を、ゆっくり進んだ御柱は、先端を三角錐に切り落とす冠落としでご神木としての威儀を正すと、男達を乗せて立ち上がり、先端に大幣軸が打ち付けられ、「奥山のモミの大木は神となる」のです。
小さな旅の宿 Countryinn Zéphyr・・・・・・・信州歳時記(如月)
上社・里曳き
上社前宮前にて 御柱街道のにぎわい 上社本宮の建御柱

[PR]
by c-inn | 2010-02-04 16:42 | 田舎暮らし
<< 2010.02.10  冬の霧... 2010.01.28 藤森由香壮行会 >>