2015.09.14 南八ヶ岳へ


  ようやくやってきた秋晴れを逃さずに、長男と2人で1991年秋に谷川岳に登って以来24年振りの登山に行きました。茅野の美濃戸から南沢を行者小屋に入り、地蔵尾根から赤岳山頂まで岩とはしごの急な尾根を登ると、昼過ぎに霧の出始めた赤岳山頂(2899m)到着。平日なので山小屋もすいていてゆっくり休養、翌日は阿弥陀岳(2808m)ですばらしい眺望を楽しみ御小屋尾根を下る、いい山旅でした。
  八ヶ岳・御小屋尾根はきのこの盛りでしたが、ゼフィール周辺でもサクラシメジ、ウラベニホテイシメジ、ハタケシメジ、クロカワ、オオキノボリイグチなど秋の茸が出始めました。珍しいものでは、ドクヤマドリ、マントカラカサタケなど。唐松林のハナイグチはまだほとんど見られませんが、秋山のきのこ狩りもそろそろ楽しめそうです。 (画像:阿弥陀岳山頂にて) 

田舎暮らしブログ登録はこちらから・・・・・・・
信州歳時記(長月)


秋の八ヶ岳
雲海に浮かぶ富士阿弥陀岳に向かうオオキノボリイグチ

[PR]
by c-inn | 2015-09-14 11:18 | 田舎暮らし
<< 2015.09.20「お客様の... 2015.09.07「お客様の... >>