2015.11.18 晩秋から初冬へ


  10月末ころから気温が高め、まだ初雪がありません。木々はすっかり落葉して、澄み渡った青空と蓼科や浅間など周辺の山々がきれい仁見えます。浅間山は少し噴煙を上げていました、浅間の西に連なる外輪山の黒斑山、高峰、籠の登山は千曲川の上の長く引いた雲の先にありました。

 庭の枯れ草刈り、鹿除けネットや扉の補修、冬の薪の準備などこの季節の仕事をして冬に備えます。恒例の高校卓球部のOB合宿に二人で参加しましたが、会員の孫(中学生)、高校の元教師(体育・76才)等も加えて、20名以上の参加者があり2日間卓球を楽しみました。地表が凍るとゴルフの季節もおしまい、寒い冬をどう過ごしましょうか。 (画像:浅間山噴煙) 

田舎暮らしブログ登録はこちらから・・・・・・・
信州歳時記(晩秋)


高原晩秋
浅間連山蓼科山快晴鹿よけの扉を補修

[PR]
by c-inn | 2015-11-18 13:55 | 田舎暮らし
<< 2015.12.18 やっとス... 2015.10.27 全日本卓... >>