2016.01.25 寒波到来


  久し振りの大寒波がやってきて、昨日は朝7時の気温が-13℃、その後も気温が上がらず一日中-10℃以下の寒さでした。今朝はさらに冷えて7時に-16℃、起きて布団を出たら室温が-1.4℃、14時でも気温は-7℃の寒さです。20年前にはこういうこともありましたが、地球温暖化と言われる最近では珍しい冷え込みです。給水栓、給湯栓、トイレも凍結、30年以上昔に尾瀬燧岳のスキーツアーに行って泊まった長蔵小屋を思い出すような冷たさです。ゼフィールは長野県中央、霧ヶ峰高原の標高1500mの地にありますから、冬の気温は札幌より低い極寒の地域なのです。

 晴れていたので、八ヶ岳や南アルプスの山々を撮影に霧ヶ峰高原に出掛けましたが、低いところに雲が多くて、富士山と鳳凰三山しか見えませんでした。 (画像:甲斐駒は雲の下、左に鳳凰三山) 

小さな旅の宿 Countryinn Zéphyrベネフィットステーション会員様はこちら

小さな旅の宿 Countryinn Zéphyr 一般お客様はこちら


田舎暮らしブログ登録はこちらから・・・・・・・信州歳時記


霧ヶ峰高原からの山岳眺望
富士山遠望霧氷と鳳凰山車山スキー場

[PR]
by c-inn | 2016-01-26 20:12 | 田舎暮らし
<< 2016.02.07 森が凍る寒さ 2016.01.01 あけまし... >>