2016.06.05 木曽漆器祭へ


  好天が続いた緑の高原に橙赤色のレンゲツツジが咲いて、信州は今日梅雨入り。エゾハルゼミのにぎやかな鳴き声は曇り空なので聞こえませんが、まだしばらくいい季節が続きます。

   毎年6月はじめに開かれる木曽漆器祭に二人で出掛けました。岡谷から山の中の県道を西に進んで三州街道の小野へ、さらに県道を西に進み牛首峠越えで、日出塩の南で木曽路に突き当たります。牛首峠越えは初期の中山道で、カーナビに従って走りましたが幅2mしかない県道、対向車が来なくてよかったです。お茶壺道中で賑わう奈良井宿の駐車場は満杯、楢川まで戻って「木曽くらしの工芸館」で漆器を鑑賞、いい感じの栃の椀を見つけて一組購入しました。イベント広場で軽い昼食、抽選会では3等のお椀も当てて楽しい半日を過ごしました。(画像:漆器:栃の椀)

 小さな旅の宿 Countryinn Zéphyrベネフィット・ワン会員様はこちら
 小さな旅の宿 Countryinn Zéphyr 一般お客様はこちら

 田舎暮らしブログ配信登録はこちらから
 信州歳時記はこちら
 「田舎暮らし」しませんか?はこちら
木曽漆器祭風景
漆器祭展示「木曽くらしの工芸館」抽選会で当たった漆器

[PR]
by c-inn | 2016-06-05 19:20 | 田舎暮らし
<< 2016.06.29「お客様の... 2016.05.15 新緑と庭の花 >>