2017.02.28 高原にも春が近づいてくる



この冬は早々にかなりの積雪、2月にも結構な雪が降りました。気温も久し振りに氷点下20度以下に下がったりして、標高150mを越える高原らしい冬を過ごしました。何と言っても寒い冬の宿商売は、客室の湯水が凍結したり、雪かきの体力消耗、暖房経費も沢山かかるなど大変なので、この冬シーズンからは冬の営業をやめました。
 寒さが厳しいので、年を取ると凍傷のようなひどい霜やけになり、飲み薬や塗り薬を貰って予防と治療を心がけています。でも、2月下旬になればさすがに太陽の光がまぶしく感じられ、そろそろ岩魚釣りに出掛けたい気分です。高原が緑に色づき始めるのはGW明けになります。 毎月「田舎暮らし便り」を発信しています。下記ページで 「ブログ受信登録」 をどうぞ。 http://c-inn.com/b/    (画像:茅野市から蓼科山を望む)

 小さな旅の宿 Countryinn Zéphyrはこちら

 田舎暮らしブログ配信登録はこちら

 信州歳時記はこちら

 「田舎暮らし」しませんか?はこちら
高原から春めいてきた雪山を展望
南八ヶ岳連峰雪に覆われた中央アルプス北アルプスは常念・槍穂・乗鞍

[PR]
by c-inn | 2017-03-09 10:06 | 田舎暮らし
<< 2017.03.23 かもしか... 2017.01.01 あけまし... >>