2017.06.11 一面の緑の中に花が咲く6月



    5月中旬から新緑、6月にはすっかり緑に覆われました。庭からはこごみ、たらの芽、わらび、蕗、三つ葉、山うどなど、山菜が次々と食膳にのぼり、周辺の林も山菜採りの人達で賑わっています。わらび採りに山に入ったら、珍しい青紫色の草花カイジンドウを見つけました。変な名前ですが、「甲斐のリンドウ」がなまってカイジンドウになったとも言われています。 レンゲツツジの赤、ニッコウキスゲの黄色、ラショウモンカズラの青、アマドコロの白、先日は彩雲も見られて、雨の少ない高原の梅雨どきはすばらしい季節なのです。 

茂りすぎた庭木の枝おろし・伐採で庭を明るくし、鹿が入り込まないように、入口の鹿除け柵を強化し、少し綺麗に整備しました。   (画像:カイジンドウ)

 小さな旅の宿 Countryinn Zéphyrはこちら

 田舎暮らしブログ配信登録・解除はこちら

 信州歳時記はこちら

 「田舎暮らし」しませんか?はこちら
庭の野草は花盛り
レンゲツツジアマドコロ東の空に彩雲

[PR]
by c-inn | 2017-06-11 18:41 | 田舎暮らし
<< 2017.06.30 涼風吹き... 2017.05.02 信州の高... >>