福寿草のつぼみ

c0039675_145567.jpg 庭の東斜面の雪が消えたら、武石村(現上田市)の小林ぎん子さんのところで買った福寿草がつぼみをつけていました。ぎん子さんは82歳、農業や民宿をやってきましたが、何年か前に生前葬をすませて自宅を開放し、「ふれあいの家・ぎんの鈴」を運営しています。農業、養豚、園芸など働きづめの人生の中で、ペンがないと落ち着かないと言って文章を書き続けてきた元気いっぱいの毎日、このたび、小説「心ささくれて」で本年度の第50回農民文学賞を受賞、最高齢の受賞ということです。 
・・・・・・・・・・小さな旅の宿 Countryinn Zéphyr

[PR]
by c-inn | 2007-03-24 14:06 | 田舎暮らし
<< まだ寒い、春の雪 スキークラブ >>