秋山の恵み

c0039675_21453536.jpg 9月に入って雨がよく降って、カラカラに乾いていた地面に湿り気が戻り、渓流も水かさを増しています。10日ぶりに山に入ってみたら、きのこも出始め、源流の小さな滝では岩魚が上流に向かって盛んに滝登りをしていました。きのこはアカジコウ、ウラグロニガイグチが数本とアミタケ、ハナイグチ、ヤマイグチなど。アカジコウやウラグロニガイグチはオリーブ油で炒めて歯ごたえと甘味を楽しみ、もうタマゴを持っていた岩魚は塩焼きにして、寒くなってきた秋の夜の酒を楽しみます。

・・・・・・・・小さな旅の宿 Countryinn Zéphyr・・・・・・・・・・信州歳時記(長月)

人気blogランキング

[PR]
by c-inn | 2007-09-13 21:45 | 田舎暮らし
<< 庭いっぱいに秋の花 山のきのこ発生状況 >>